株価分析(不動産)

野村不動産HD(3231)の株価を分析【高配当銘柄】

野村不動産HD(3231)の株価を分析していきます。

 

野村不動産HDを5つのポイントで説明

  • 野村證券系の総合不動産で不動産業界5位
  • 用地調達能力は業界NO.1
  • 売上の主力は住宅部門、利益の主力は都市開発部門
  • 近年は1500円台から2700円台のボックス相場
  • 購入はまだ待ちたいが2700円を反発してから

 

無料でSBI証券の口座を開設する!
SBI証券 ネクシィーズ・トレード

 

無料で楽天証券の口座を開設する!
楽天証券

 

 

野村不動産HDの概要

野村不動産HDは1957年に野村證券の不動産部が独立して出来た総合不動産会社です。

 

不動産業界では5位で、三菱地所、住友不動産、三井不動産、東急不動産と並んで5大ディベロッパーの一角を担っています。

 

野村不動産HDは住宅供給に強みを持っています。

 

売上の主力は住宅部門の国内での分譲マンションの販売と都市開発部門の収益不動産の売却になります。

 

特に住宅販売部門の「プラウド」シリーズのマンションは、高級住宅街や、都心部などの資産価値の高い場所での分譲実績が多いのが特徴です。

 

また販売も自社で行う製販管一体体制で品質が高いのも不動産業界や建築業界では有名です。

 

野村不動産の分譲マンションは自社の設計ではありません。

 

通常は設計事務所かゼネコンに設計してもらいます。

 

その中で野村不動産仕様と言う独自の仕様があります。

 

この野村不動産仕様が、商品の品質だけでなく施工の品質管理が厳しいのも業界でも有名なので、購入者はアフターも含めて安心です。

 

 

事業セグメント

野村不動産HDは、主にの5つのセグメントから成り立っています。

引用:野村不動産HD

  • 住宅セグメント:46.9%
  • 都市開発セグメント:30.8%
  • 資産運用セグメント:2.1%
  • 仲介・CREセグメント:6.7%
  • 運営管理セグメント:16.9%

 

 

株価の推移

月足10年チャート

引用:株探

 

週足5年チャート

引用:株探

 

株価指標

  • PER:9.2倍
  • PBR:0.78倍

不動産業の平均PERが15.2倍、PBRが1.2倍な事を考えると、株価は割安と判断されています。

 

チャート分析

月足10年チャートを見ると、1500円から2800円のボックス相場です。。

 

しかし、今年の5月に2800円を突破して6月には3075円を付けました。

 

現在の株価は、高値から下落して2800円を割り込んでしまいました。

 

次の下値は2700円なので、現在の株価で反発出来るか確認したいです。

 

て安値の1500円台に戻るボックス相場を形成しているのが分かります。

 

 

業績と収益性の推移

売上高と営業利益

引用:株探

 

直近では2020年3月期まで4年連続増収増益です。

 

売上の過去最高は2020年の6764億円、経常利益の過去最高も2020年の730億円でした。

 

しかし、2021年3月期決算では売上高、営業利益共に大幅の減収減益でした。

 

要因は、商業施設・ホテル事業・フィットネス事業の収入減少と住宅分譲の計上額の減少です。

 

 

2022年3月期決算の予想では営業利益の戻りは鈍いです。

 

売上高は住宅事業と都市開発事業を中心に過去最高を更新予定です。

 

主な要因

  • 住宅部門における住宅分譲計上戸数の増加
  • 都市開発部門における収益不動産売却額の増加
  • 海外住宅分譲案件の計上額の増加等

 

経営効率

引用:株探

 

  • 営業利益率:11.32%
  • ROE:8.49%
  • ROA:2.58%
  • EPS:274.1円

 

不動産業の平均ROEは8.82%、ROAは2.1%なので、経営効率は平均的な企業です。

 

不動産業の平均営業利益率は11.1%なので、不動産業の中でも平均的な企業です。

 

2021年3月期EPSは下落しましたが、2022年3月期では過去最高を更新予定です。

 

 

財務状況

引用:株探

 

  • 自己資本比率:30.4%
  • 有利子負債倍率:1.73倍

 

不動産業の平均自己資本比率が33.4%になので平均を少し下回っています。

 

しかし、財務規律の30%はしっかり守っています。

 

 

不動産業の平均有利子負債倍率は1.34倍なので不動産業の中でも借金の多い会社と言えます。

 

中期経営計画で「DEレシオは2.4倍」と設定しているので問題ありません

 

剰余金は年々増加していますが、総資産に対して約19%しかありません。

 

 

 

中期経営計画

中期経営計画(2020年3月期~2028年3月期)では、部門別の利益計画とROA、ROE、総還元性向の目標を掲げています。

引用:野村不動産HD

 

21年3月期決算ではフェーズⅠのROA、ROEを下回っていました。

 

22年3月期の数値予想でもROA、ROE、事業利益の目標達成は厳しい状況です。

 

 

配当金の推移と株主優待

配当金の推移

引用:バフェットコード

 

  • 配当金:85円
  • 配当利回:3.37%(21年4月27日終値)
  • 配当性向:31.3%

 

2022年3月度の配当は85円なので不動産DVの中でも高配当にあたりますす。

 

 

直近10年で見ると2012年から9年連続の増配していて、2022年3月は増配を予定してます

 

22年3月までの総還元性向は40%~50%に設定しており、20年3月度の総還元性向は31.3%です。

 

株主優待

残念ながら、野村不動産HDは株主優待の設定はありませんでした。

 

 

まとめ

野村不動産HDを買うなら、まだ待ちたい。

 

来期は増収増益予想なのですが、長期チャートを見るとボックス相場です。

 

もし買うなら現在の2700円付近で反発したのを確認してからでいいと思います。

 

野村不動産は、以前分析した長谷工同様に業界ダントツの用地調達能力があります。

 

実際に決算資料を見ても再開発や建替案件のストックは順調に増えています。

 

ただ、「野村不動産はマンションを建て続けるしかない」との噂があります。

 

実際に新潟、金沢、岡山、松山など地方中核都市へ着実に進出していています。

 

また中期経営計画のフェーズⅢには、海外へは東南アジア(主にベトナム、タイ、フィリピン、中国)を中心に不動産投資で、海外事業の利益比率を20%に拡大する事を目指しています。

 

土地の調達能力と品質を武器に再開発案件や建て替えも着実に増やしている反面、三菱地所や三井不動産に比べて総合都市開発が弱いところが弱点かなと思います。

 

東海地区で言えば、以前分析した矢作建設工業が東海地区の主要施工先なのでリンクしてくるのではないかと思います。

こちらもCHECK

矢作建設工業(1870)の株価を分析【高配当銘柄】

矢作建設工業(1870)を株価分析していきます。   矢作建設工業を5つのポイントで説明 配当は9年間減配無し 独自の防災や減災技術で耐震工事や国土強靭化計画の受注拡大中 売上の主軸は大手D ...

続きを見る

 

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-株価分析(不動産)

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.