株価分析(住宅建設)

住友林業(1911)の株価を分析【10年連続減配無し】

住友林業(1911)の株価を分析していきます。

 

住友林業を5つのポイントで説明

  • 国内では取扱高NO.1の木材・建材商社
  • 売上、利益共に主力事業は海外住宅・不動産事業
  • 木造建築が主流で人口増加が見込めるアメリカとオーストラリアに強み
  • 週足チャートは右肩上がり
  • 2400円付近が高値圏なので注意だが窓埋め時に買いたい

 

証券口座の開設は、SBI証券、楽天証券がオススメ!!

 

無料でSBI証券の口座を開設する!
SBI証券 ネクシィーズ・トレード

 

無料で楽天証券の口座を開設する!
楽天証券

 

 

住友林業の概要

住友林業は、木造注文住宅のリーディングカンパニーです。

 

戸建て住宅の販売戸数では7位、業界では4位とシェアを獲得しています。

 

住友林業の強みは、素材調達から加工、住宅建設まで一貫して行える住宅メーカーと言うころです。

 

国内に約4.8万ヘクタールの森林を所有しています。

 

その規模は日本の国土の1/900の森林を保有している事になります。

 

海外ではインドネシアを中心に約23.1万ヘクタールの森林を所有しています。

 

木材建材事業は、その広大な森林から木材を調達して加工して販売しています。

 

国内では取扱高NO.1の木材・建材の商社の地位を確立しています。

 

W350計画

引用:住友林業

 

住友林業は創業350周年になる2041年に向けて、W350計画を立てています。

 

W350計画とは、高さ350mの木造超高層建築物を実現するための構想です。

 

木の川上から川下まで一貫して担う住友林業ならではの構想です。

 

建築・構造設計を日建設計が行っています。

 

持分法適用会社の熊谷組も技術協力で参加していると思われます。

 

海外住宅・不動産事業

引用:住友林業

 

住友林業は、人口増加が見込まれるアメリカやオーストラリアに進出しています。

 

木造建築が主流アメリカとオーストラリアでに強みを持っています。

 

2021年のアメリカでの戸建販売戸数が11230戸です。

 

2021年の国内の戸建販売戸数が9711戸にります。

 

これは、アメリカだけで日本以上に戸建を販売している事になります。

 

その結果、アメリカでは第10位オーストラリアでは第5位のハウスメーカーになっています。

 

子会社の熊谷組とアジア地域で不動産開発に共同で取り組むためにシンガポールに合弁会社を設立しています。

 

住友林業と熊谷組が一緒になって行う海外初のプロジェクトになります。

 

また、インドネシアのジャカルタで現地企業と共に高層のコンドミニアムと商業複合施設開発事業にも着手しています。

 

 

事業セグメント

住友林業は、主に4つのセグメントから成り立っています。

  • 資源環境事業:バイオマス発電事業、植林事業等
  • 木材建材事業:、木材・建材の仕入・製造・加工・販売等
  • 海外住宅・不動産事業:海外における、分譲住宅等の販売、戸建住宅の建築工事の請負、集合住宅・商業複合施設の開発等
  • 住宅・建築事業:戸建や集合住宅等の建築工事の請負・アフターメンテナンス・リフォーム、分譲住宅等の販売、不動産の賃貸・管理・売買・仲介、住宅の外構・造園工事の請負、都市緑化事業、CAD・敷地調査等

 

売上構成比率(2021年12月期)

住友林業

引用:住友林業

 

主力事業は、売上高で見ると海外住宅・不動産事業になっています。

 

しかし、住宅・建築事業の比率も高いのが分かります。

 

営業利益で見ると海外住宅・不動産が全体の74%を占めています。

 

住友林業の主な収益源は海外住宅・不動産事業になっています。

 

 

株価の推移

月足10年チャート

引用:株探

 

週足3年チャート

引用:株探

株価指標

  • PER:5.4倍
  • PBR:0.94倍

 

建設業の平均PERが13.4倍、PBRが1.2倍です。

 

他のハウスメーカーと比べるとかなり割安と判断されています。

 

チャート分析

月足10年を見ると右肩上がりのチャートになっています。

 

直近では、2000円が底値圏になってるのが分かります。

 

月足移動平均線は全て上向きなので、長期的に上昇傾向です。

 

週足3年チャートを見ると1950円から2450円付近までの間で動いています。

 

直近は好決算を受けて大きな陽線をつけて上昇しています。

 

日足で窓を開けて上昇しているので、2400円を超えてからの窓埋めには注意したいです。

 

 

業績と収益性の推移

売上高と営業利益

引用:株探

 

売上高の過去最高は2021年に1兆3859億円、営業利益の過去最高も2021年の1136億円

 

さらに、2022年12月期も過去最高の売上と営業利益を更新する予想しています。

 

経営効率

引用:株探

 

  • 営業利益率:7.78%
  • ROE:17.35%
  • ROA:6.54%
  • EPS:430.3円

 

建設業の平均ROEは11%、ROAは0.6%なので、経営効率の良い企業です。

 

建設業の平均営業利益率は7.3%なので、大手ハウスメーカーの中でも利益率は平均的な企業です。

 

これは、木材建材事業と住宅・建築事業の利益率が低いためです。

 

 

財務状況

引用:株探

 

  • 自己資本比率:37.7%
  • 有利子負債倍率:0.61倍

 

建設業の自己資本比率の平均が44%なので、住友林業の自己資本比率は大きく下回っています。

 

有利子負債倍率の平均が1.34倍に対して大幅に上回っています。

 

剰余金は年々増加していますが、総資産に対して約27%です。

 

剰余金は、総資産の30%は欲しいところです。

 

しかし、自己資本比率、有利子負債倍率、剰余金比率は毎年改善されています。

 

中長期的な目標は自己資本比率 40%以上と設定してます。

 

今後も着実に改善方向に向かうと思います。

 

 

中期経営計画

業績目標

引用:住友林業

 

住友林業は、世界最大の木造住宅市場のアメリカとオーストラリアでさらなる成長を計画しています。

 

セグメント別目標

引用:住友林業

 

木材建材事業は、海外製造事業の立て直しと木材コンビナートや国産材製造事業等への投資を行います。

 

海外住宅・不動産事業は、アジア、アメリカ、オーストラリアで住宅不動産開発を拡大です。

 

またヨーロッパを含めた各地で非住宅の中大規模木造住宅の事業化を推進します。

 

住宅・建築事業は、注文住宅のシェアアップと分譲住宅・非住宅・リフォーム事業等の拡大です。

 

資本政策と株主還元

引用:住友林業

 

22年12月期のROEは17.35%を予想です。

 

また自己資本比率も毎年改善されているので、達成はかなり現実的です。

 

投融資計画

引用:住友林業

 

2024年までの3年間の投融資計画は3000億円を計画しています。

 

特に海外住宅には1300億円の投資なので全体の約40%を占めます。

 

国内外の住宅・不動産事業の計画

引用:住友林業

 

 

21年度までの中期経営計画でアメリカとオーストラリアの住宅販売戸数は13,000戸に対して14,399戸でした。

 

24年度までの目標は、国内で9750戸、アメリカで16,000戸、オーストラリアで4000戸です。

 

特にアメリカは70%以上アップを計画しています。

 

新型コロナをきっかけに21年度と22年度のアメリカ市場での期初受注残は7000戸を超えています。

 

 

配当金の推移と株主優待

配当金の推移

引用:バフェットコード

 

  • 配当金:80円(2022年12月期予定)
  • 配当利回:3.42%(22年2月17日終値)
  • 配当性向:18.5%

 

配当金は10年間減配せずに右肩上がりに推移しています。

 

実際に22年12月期の配当性向18.5%なので、まだまだ増配余力があります。

 

22年12月期のEPSは少し減少していますが、今後も増配が期待できる銘柄です。

 

株主優待

残念ながら住友林業は株主優待の設定はありませんでした。

 

 

まとめ

友林業を買うなら、2450円付近の高値圏に注意。

 

窓埋めの下落があれば2100円台で購入したい。

 

国内の住宅市場は、年々着工件数が減少していく傾向にあり、集合住宅事業がありません。

 

ここは、他のハウスメーカーのような高付加価値商品がないのがハンデになります。

 

しかし、人口増加が見込めるアメリカやオーストラリア、東南アジアに注力しています。

 

22年度の海外事業の比率は全体の45%になりました。

 

実際にアメリカの販売戸数が日本国内の販売戸数を大きく上回りました。

 

米国経済の成長が順調なうちは住宅需要が増えています。

 

アメリカにも強みを持つ住友林業は魅力的なハウスメーカーと言えます。

 

月足チャートや週足を見ると直近の底値圏は2000円です。

 

好決算で一気に2300円台まで窓を開けて上昇しました。

 

しかし開けた窓をしっかり占めているもの住友林業の特徴です。

 

2100円付近まで下落して、窓を閉めようとしている時は買い出動したい銘柄です。

 

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

-株価分析(住宅建設)

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.