株価分析(住宅建設)

住友林業(1911)の株価を分析【10年連続減配無し】

住友林業(1911)の株価を分析していきます。

 

住友林業を5つのポイントで説明

  • 国内では取扱高NO.1の木材・建材商社
  • 売上、利益共に主力事業は海外住宅・不動産事業
  • 木造建築が主流で人口増加が見込めるアメリカとオーストラリアに強み
  • チャートは日足、週足、月足ともに右肩上がり
  • 2100円から2200円が直近の節目

 

無料でSBI証券の口座を開設する!
SBI証券 ネクシィーズ・トレード

 

無料で楽天証券の口座を開設する!
楽天証券

 

 

住友林業の概要

住友林業は、木造注文住宅のリーディングカンパニーになっていて、戸建て住宅の販売戸数では7位、業界では4位とシェアを獲得しています。

 

住友林業の強みは何と言っても、素材調達から加工、住宅建設まで一貫して行える住宅メーカーと言うころです。

 

国内に約4.8万ヘクタールの森林を所有していて、その規模は日本の国土の1/900の森林を保有している事になります。

 

海外ではインドネシアを中心に約23.1万ヘクタールの森林を所有しています。

 

その広大な森林から木材を調達して加工して販売をする、木材建材事業は、国内では取扱高NO.1の木材・建材の商社の地位を確立しています。

 

W350計画

引用:東京建物

W350計画とは、住友林業が創業350周年になる2041年を目標に、高さ350mの木造超高層建築物を実現するための構想です。

 

木の川上から川下まで一貫して担う住友林業ならではの構想です。

 

建築・構造設計を日建設計が行っており、持分法適用会社の熊谷組も技術協力で参加していると思われます。

 

海外住宅・不動産事業

引用:東京建物

住友林業は、、人口増加が見込まれるアメリカやオーストラリアに進出しています。

 

木造建築が主流アメリカとオーストラリアでに強みを持っていて、2020年のアメリカでの戸建販売戸数が9045戸です。

 

この戸建販売戸数は、2020年の国内の戸建販売戸数が8143戸なので、アメリカだけで日本以上に戸建を販売している事になります。

 

その結果、アメリカでは第10位オーストラリアでは第5位のハウスメーカーになっています。

 

子持分法適用会社の熊谷組とアジア地域で不動産開発に共同で取り組むためにシンガポールに合弁会社を設立しています。

 

住友林業と熊谷組が一緒になって行う海外初のプロジェクトとして、インドネシアのジャカルタで現地企業と共に高層のコンドミニアムと商業複合施設開発事業にも着手しています。

 

 

事業セグメント

住友林業は、主に4つのセグメントから成り立っています。

  • 資源環境事業:バイオマス発電事業、植林事業等
  • 木材建材事業:、木材・建材の仕入・製造・加工・販売等
  • 海外住宅・不動産事業:海外における、分譲住宅等の販売、戸建住宅の建築工事の請負、集合住宅・商業複合施設の開発等
  • 住宅・建築事業:戸建や集合住宅等の建築工事の請負・アフターメンテナンス・リフォーム、分譲住宅等の販売、不動産の賃貸・管理・売買・仲介、住宅の外構・造園工事の請負、都市緑化事業、CAD・敷地調査等

 

売上構成比率(2020年12月期)

引用:住友林業

主力事業は、売上高で見ると海外住宅・不動産事業になっていますが、住宅・建築事業の比率も高いのが分かります。

 

営業利益で見ると海外住宅・不動産が全体の77%を占めていて、住友林業の主な収益源になっています。

 

 

株価の推移

月足10年チャート

引用:株探

 

週足5年チャート

引用:株探

株価指標

  • PER:9.6倍
  • PBR:1.17倍

建設業の平均PERが13.4倍、PBRが1.2倍なので、他のディベロッパーと比べると少し割安と判断されています。

 

チャート分析

月足10年、週足5年を見ても右肩上がりのチャートになっています。

 

直近では、2100円から2200円の間に節目を作っているので、ここらへんで拾いたいです。

 

しかし、日足も移動平均線の上にローソク足があるので、しばらくは上昇傾向にあります。

 

 

業績と収益性の推移

売上高と営業利益

引用:株探

売上高の過去最高は2019年に1兆3088億円、営業利益の過去最高は2017年の539億円

 

2020年12月期は、従来の3月決算を12月決算に変更したので変則決算になっていますが、EPSは過去最高に近い数字を出しています。

 

さらに、2021年12月期は過去最高の最終益、EPSを予想しています。

 

経営効率

引用:株探

  • 営業利益率:5.77%
  • ROE:12.24%
  • ROA:4.19%
  • EPS:264.5円

建設業の平均ROEは11%、ROAは0.6%なので、経営効率の良い企業です。

 

建設業の平均営業利益率は7.3%なので、大手ハウスメーカーの中でも利益率の低い企業です。

 

これは、木材・建材事業の利益率が低いためです。

 

EPSは連続上昇とまではいきませんが、過去10年を見ても右肩上がりに安定して成長している企業です。

 

財務状況

引用:株探

  • 自己資本比率:34.2%
  • 有利子負債倍率:0.80倍

建設業の自己資本比率の平均が44%なので、住友林業の自己資本比率は大きく下回っていますが有利子負債倍率の平均が1.34倍に対して大幅に上回っています。

 

剰余金は年々増加していますが、総資産に対して約25%なので、せめて30%は欲しいところです。

 

しかし、中長期的な目標は自己資本比率 40%以上と設定しているので、今後も着実に改善方向に向かうと思います。

 

中期経営計画

経営数値目標

引用:住友林業

これは2021年までの中期経営計画の経営数値目標です。

 

今期のROEは12.24を予想しているので、達成はかなり現実的です。

 

投資計画

引用:住友林業

2019年から2021年までに650億円を投資して、アメリカとオーストラリアの住宅販売戸数を13,000戸目標にしています。

 

実際に2020年に11,805戸を販売していて、2021年で14,550戸を計画しているので、達成に関してはかなり現実的です。

 

また東南アジアで分譲マンション事業も展開していて、タイのバンコクの現地企業と共同開発した高級分譲マンションを販売しています。

 

株主還元策

引用:住友林業

2021年までの中期経営計画の株主還元方針については、継続的かつ安定的な配当とあるだけで、深く追求して発言はしていないのが残念です。

 

次期中期経営計画が今期末に発表されるので、株主還元政策にも追及して発言されることを期待したいです。

 

 

配当金の推移と株主優待

配当金の推移

引用:バフェットコード

  • 配当金:50円(2021年3月期予定)
  • 配当利回:1.98%(21年4月30日終値)
  • 配当性向:18.9%

2020年12月は変則決算になってしまったので、一見減配している様に見えますが、配当金は10年間減配せずに右肩上がりに推移しています。

 

実際に2021年12月期は配当性向18.9%を予定しているので、まだまだ増配余力があります。

 

今期は最終益を過去最高を更新予想なので、今後も増配が期待できる銘柄です。

 

株主優待

残念ながら住友林業は株主優待の設定はありませんでした。

 

 

まとめ

友林業を買うなら、短期的には2450円付近、中長期的には押し目で買いたい。

 

国内の住宅市場は、年々着工件数が減少していく傾向にあり、集合住宅事業がありません。

 

ここは、他のハウスメーカーのような高付加価値商品がないのがハンデになります。

 

しかし、人口増加が見込めるアメリカやオーストラリア、東南アジアに注力しています。

 

2022年には、全体の51%を海外事業の比率にしようとしていて、実際にアメリカの販売戸数が日本国内の販売戸数を上回っているので、しっかり下準備が出来ています。

 

米国経済の成長が順調なうちは住宅需要が増えているので、アメリカにも強みを持つ住友林業は魅力的なハウスメーカーと言えます。

 

日足チャートを見ると、直近で2450円でもみ合っていますが、決算発表後なので少し様子を見て、押し目で拾いたい銘柄です。

 

 

あなたのクリックが励みです!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-株価分析(住宅建設)

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.