株価分析(建設業)

大林組(1802)の株価を分析【バリュー銘柄】

大林組(1802)の株価を分析していきます。

 

大林組を5つのポイントで説明

  • 海外事業は北米に注力
  • 首都圏だけでなく関西でも都市開発に強み
  • 売上の主力は国内建築事業、今後は再生可能エネルギー発電事業にも注力
  • 財務指標や経営指標は優秀
  • 短期的には下落傾向、950円で反発出来るか確認したい

 

無料でSBI証券の口座を開設する!
SBI証券 ネクシィーズ・トレード

 

無料で楽天証券の口座を開設する!
楽天証券

 

 

大林組の概要

大林組は、スーパーゼネコンの一角を担っていて、売上高は2位、営業利益は3位(2021年度3月時点)です。

 

大林組の特徴は首都圏の都市開発に強みを持っています。

 

主な手掛けた建築物は東京駅、六本木ヒルズ、東京スカイツリー、虎ノ門ヒルズ等です。

 

2010年に本店を東京へ移転しましたが、関西を始めとした西日本でも強い地盤を持っているので、うめきた再開発、大阪万博、IR事業にも積極的に参画しています。

 

環境事業

新領域事業として再生可能エネルギーや農業ビジネスにも取り組んでいて、特に風力発電に注力しています。

 

大林組は、超大型クレーンを使わずに空中で巨大風車の羽を起こす「ウィンドリフト工法」を開発しています。

 

大林組の技術力の高さと環境事業の取り組みが分かる様々な初

  • 世界一の高さの電波塔を「東京スカイツリー」を単独施工
  • 日本初の地熱発電と水素製造実証プラントの建設
  • 日本初の高層純木造耐火ビルの建設
  • 日本初の水封式LPG地下岩盤貯蔵施設「波方国家石油ガス備蓄基地」
  • 世界初の「海水練りコンクリート」の開発
  • 世界初の市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による熱電供給(川崎重工業と共同)
  • 日本初の「WELL認証」を大林組技術研究所が取得

※WELL認証とは、建物内で暮らし、働く居住者の健康・快適性に焦点を当てた世界初の建物・室内環境評価システム

 

海外事業

また海外事業は、鹿島建設と同様にアメリカや東南アジアに進出しています。

 

その中でも、特にアメリカやカナダの北米に注力しています。

 

  • 2007年にオフィスビル、商業施設、ホテル、集合住宅等多くのプロジェクトを手掛けるアメリカの建設会社「ウェブコー」を買収
  • 2011年に水処理施設などの土木工事を得意とするカナダの建設会社「ケナイダン」を買収
  • 2014年に運河、道路、鉄道などのインフラ工事を手掛けるアメリカの建設会社「クレマー」を買収

 

 

事業セグメント

大林組は、主に5つのセグメントから成り立っています。

  • 国内建築事業:国内での建築工事の受注と施工
  • 海外建築事業:北米及び東南アジア等で建築工事の受注と施工
  • 国内土木事業:国内での土木工事の受注と施工
  • 海外土木事業:北米及び東南アジア等で土木工事の受注と施工
  • 不動産事業:大林新星和不動産㈱等が不動産の売買、賃貸並びに宅地開発等の開発事業
  • その他事業:PFI事業、再生可能エネルギー事業、金融事業、ゴルフ場事業等

 

大林組の売上構成比率(2021年3月)

 

売上の主軸は国内建築事業になっています。

 

特に事務所、庁舎、工場、発電所の案件は、建設事業の売上構成比50%を占めています。

 

大林組の利益構成比率(2021年3月)

 

利益の主軸も国内建築事業になっています。

 

しかし、国内土木事業の利益率が高いことが分かります。

 

国内建築事業の利益率は6.2%に対して、国内土木事業の利益率は13.2%と約2倍あります。

 

 

 

株価の推移

月足10年チャート

引用:株探

 

週足3年チャート

引用:株探

 

株価指標

  • PER:9.8倍
  • PBR:0.75倍

建設業の平均PERが9.8倍、PBRが0.9倍を考えても、株価は妥当と判断されています。

 

チャート分析

コロナショック後に一時的に800円割れとなりましたが、年間を通じて850円から870円位が下値目処になっていました。

 

現在の株価は、直近の節目の1000円を割り込んでいます。

 

 

週足の移動平均線は、3本とも上向きです。

 

週足移動平均線乖離率は、過去に15%になると売られている傾向があるので要注意です。

 

 

業績と収益性の推移

売上高と営業利益

引用:株探

 

売上高の過去最高は2020年に2兆0730億円、営業利益の過去最高は2019年の1554億円です。

 

2020年まで4年連続増収、営業利益は少し頭打ち感はあります。

 

しかし、スーパーゼネコンの中で直近5年で売上と利益の過去最高を更新しているのは大林組だけです。

 

 

22年の決算予想では売上高は8.1%増、経常利益は-22.9%の増収減益予想です。

 

経営効率

引用:株探

  • 営業利益率:4.97%
  • ROE:7.78%
  • ROA:3.15%
  • EPS:99.6円

 

上場ゼネコン55社の平均営業利益率は7.3%なので利益率が少し低いです。

 

上場企業の平均ROE8%、ROA3%に対して、21年3月期は新型コロナの影響があるのにも関わらず平均より高いので、スーパーゼネコンの中でも経営が上手だと言えます。

 

EPSは新型コロナの影響で減少予想になっていますが、1株配当の32円はしっかり納まっています。

 

 

財務状況

引用:株探

  • 自己資本比率:41.0%
  • 有利子負債倍率:0.21倍

 

建設業(100億円以上)の自己資本比率の平均が44%なので、ほぼ平均的な自己資本比率です。

 

剰余金は毎年増えていて総資産に対して29.1%あります。

 

自己資本比率も年々改善傾向にあり、有利子負債倍率も減少傾向にあるで倒産しにくいと言えます。

 

 

中期経営計画

経営数値目標

引用:大林組

 

中期経営計画の達成は、今回の決算予想を見る限り、自己資本比率以外は厳しい状況です。

 

投資計画

引用:大林組

 

投資計画は、「建設技術の研究」と収益の多角化を視野にした「不動産賃貸事業」と「再生可能エネルギー事業」に力を入れている事が分かります。

 

2021年3月期の不動産開発事業は、営業利益率28.1%と土木事業を超える利益率の高さです。

 

株主還元策

引用:大林組

 

現在の配当性向は31%なので、中期経営計画の上限に近い水準になっています。

 

自社株買いに関しては、直近で実施をしている実績はありませんでした。

 

 

配当金の推移と株主優待

配当金の推移

引用:バフェットコード

  • 配当金:32円(2022年3月期予定)
  • 配当利回:3.02%(21年5月12日終値)
  • 配当性向:31%

 

10年連続減配無しで、2022年度は32円の配当維持予定です。

 

2021年度までは中期経営計画で連結配当性向20~30%を目安としていました。

 

株主優待

残念ながら、大林組は株主優待の設定はありませんでした。

 

 

まとめ

大林組を買うなら、950円で反発した事を確認してから買いたい。

 

現在の株価は週足移動平均線の13MAと26MAを割ってしまっているので下落傾向にあります。

 

直近の下値支持線は950円付近にあるので、ここをしっかり反発する事を確認したいです。

 

 

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-株価分析(建設業)

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.