資産運用・節税

老後2000万円問題の解決方法

老後2000万円不足問題」ついて調べた結果を書きます。

 

結果
  • 2000万円足りるか足りないかは、個人によって寿命も年金の受給額も違う
  • ただし、今からの準備次第で心配ない

 

この記事を読むと、「老後2000万円不足問題とは何だったのか」と「年金とは何なのか?」が分かります。

 

また老後資金の準備の方法についても書いていきます。

 

老後2000万円不足問題の発端

2019年6月3日に金融審議会の市場ワーキンググループが出した報告書「高齢社会における資産形成・管理」が提出されました。

 

出典:厚生労働省 第 21 回市場ワーキング・グループ

 

  • 夫65歳以上、妻60歳以上の無職の夫婦のみの場合、毎月の不足額の平均は約5万円
  • 20~30 年の老後人生の場合、単純計算で1300万円~2000万円の不足

 

という部分だけを野党が抜粋して誇張した結果、老後2000万円問題が公になりました。

 

 

しかし報告書の中にこう書かれていました。

  • 不足額は収入と支出の状況やライフスタイル等によって違うので不足しない場合もある
  • 今までより長生きする事になるので、今までより多くのお金が必要となる。
  • 65歳時点における金融資産の平均保有状況は夫婦世帯は2252万、単身男性は1552万、単身女性は1506万
  • 住宅ローン等の負債を抱えている人は、資産と負債を差し引きした正味の金融資産で見ることが必要

 

つまり「定年退職時に金融資産が0で、収入を公的年金だけで90歳まで生活しようとする人は2000万円不足する」という事です。

 

 

このデモの中心にいたのは、年金不信や非正規雇用等で収入に不安を抱いていた若年層でした。

 

年金の受給時期に近い、50代や60代の中高年層が反応していませんでした。

 

なぜなら、この平均値で表した通りの2000万円を持っているからです。

 

 

20万円の収入しかない人が、20年間も毎月25万円かかるの生活をするのでしょうか?

 

老後を皆は金融資産0で迎えようとしているのでしょうか?

 

 

実際は、ほとんどの方が事前準備をされて老後生活に臨むと思います。

 

また、毎月の収入以上の支出を何年も続けていくとは考えられません。

 

 

金融庁が伝えたかった事

ここに日本FP協会のアンケート結果があります。

出典:日本FP協会「くらしとお金に関する調査」

 

全世代の約30%が「若いうちから少しずつ資産形成に取り組む事」を必要性を感じています。

 

しかし2019年12月末時点で、一般NISAとつみたてNISAの利用口座は1365万5575口座。

 

ジュニアNISAの利用口座は35万3080口座でした。

 

 

総人口1億2600万に対して約11%しかNISA口座を利用をしていないのが事実です。

 

この報告書で金融庁は何を伝えたかったのか?

 

老後に2000万円不足する事を国民に知らせる事が目的ではありません。

 

各金融機関に「高齢社会の金融サービスの在り方」、「全世代の金融リテラシーの向上」、「金融業界の活性化」を目的としています。

 

年金とは

年金とは、20歳以上60歳未満の人(在留期間が3ヶ月以上の外国籍の者を含む)に対して、国民年金への加入が法律で義務付けられた社会保障制度です。

 

年金の性質は積立貯金の様な性質ではなく、保険と同じような性質です。

 

保険と聞くと「何かしらのリスクに対して備えるもの」です。

 

年金は、老後に長生きをしてしまうリスクに対して、国民全員で備える保険です。

 

 

例えば、自分が90歳まで生きる事を想定して、資産を蓄えていたのに100歳まで長生きをしてしまいます。

 

そうするとと、想定していなかった10年間分が追加のお金として必要になってしまうからです。

 

 

基本的に年金未納者には、支払いされません。

 

しかし財産の差し押さえが行われるので、支払わないという選択肢はありません

 

年金の種類

公的年金には国民年金、厚生年金、共済組合の3つがあります。

・国民年金は、20歳以上60歳未満の人、全員が加入する制度

  • 厚生年金は、民間会社で働いている人が加入する制度
  • 共済組合は、国家公務員、地方公務員、私立学校教職員の方たちが加入する制度

 

私的年金には国民年金基金、企業年金、個人年金の3つがあります。

・国民年金基金は、自営業者や主婦や学生等の国民年金だけに加入する人に対して、上乗せた部分を支給する目的で設立された制度

  • 企業年金は、厚生年金基金や確定拠出年金等の会社が社員の福利厚生のために、信託会社や生命保険会社に運営を委託する年金制度
  • 個人年金は、個人年金保険やiDeCo等の自分自身で契約する、金融機関の商品

 

受給開始の選択

年金の受給開始年齢ですが、国民年金、厚生年金も通常は、65歳からの受給開始になります。

 

 

もちろん、60歳から64歳の間で、1ヶ月単位で繰り上げて受給する事も可能です。

 

ただし、「0.5%×繰り上げ月数」という減額率があります。

 

これには、早く受け取れる代わりに年金受給額が減額されるデメリットです。

 

60歳から繰り上げ受給開始すると60ヶ月×0.5%になります。

 

65歳から受け取る予定額から30%の減額になってその後、変わる事はありません。

 

 

その反対に66歳から70歳の間で、1ヵ月単位で繰り下げて受給する事も可能です。

 

「0.7%×繰り下げ月数」という増額率があります。

 

これは、年金を受け取る時期を遅らす事で、年金受給額が増額されるメリットがあります。

 

70歳から繰り下げて受給開始すると60か月×0.7%になります。

 

65歳から受け取る予定額から42%の増額になります。

 

年金は破綻しないのか

2000年頃から「自分たちが年金をもらう前には年金は破綻している」等の噂が出てきました。

 

しかし実際に調べてみると、既に「物価や賃金の物価スライド」が導入されています。

 

それだけでなく、「マクロ経済スライド」と言う仕組みが2004年に導入されています。

 

これは、賃金や物価に加えて少子化の進行具合や平均余命の伸びも考慮した仕組みの事です。

 

マクロ経済スライドの適用

5年ごとに財政検証を行い、今後100年間の財政均衡期間にわたって均衡が維持出来ない時に適用されます。

 

ポイント

マクロ経済スライドとは、そのときの現役人口の減少や平均余命の伸び等の社会情勢に合わせて、年金の給付水準を自動的に調整する仕組み。

 

老後資金の準備方法の考え方

人生100年時代に、定年退職した60歳から100歳までの40年間を公的年金だけで賄うのは厳しいです。

 

しかし、この3つの方法でリレー形式の老後資金の準備が良いのではないかと思います。

 

  • 60歳から65歳までは、転職や嘱託として働いた分の収入と退職金を元に生活を得る。
  • 65歳から70歳までは退職金を切り崩すしと、個人年金保険の受給や少額投資等の資産運用で得た利益で賄って、公的年金の繰り下げ受給をする。
  • 70歳から死ぬまでは年金受給額の1.42倍の公的年金を受け取る。

 

 

その為に、個人年金保険iDeCoつみたてNISAと言う制度もあります。

 

まずはiDeCoやNISAと言った税制優遇処置の取られている商品で運用するべきだと思います。

 

まとめ

老後2000万円問題が、全員が確実に2000万円が足りない事ではありません。

 

また、金融庁が提出したのは「老後2000万円不足する事について」ではありません。

 

高齢社会における資産形成・管理」という報告書でした。

 

その内容は、このような趣旨です。

  • 資産0で月20万の公的年金の受給だけ老後を過ごすのは制限のある生活になる
  • 月20万円の公的年金の受給と単純計算で2000万円あれば、ゆとりのある老後生活が過ごせる。
  • ただし、家族構成、住んでいる居住地、今までの年金の掛け金によって変わる
  • 一人一人の顧客にあった商品を金融機関は顧客本位で提供する事が大切

 

老後2000万円問題の結論は、個人の努力と備え次第で2000万円は不足しません。

 

 

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をオススメします!!

ネクシィーズ・トレードからお申込の方のみ、SBI証券へ直接お申込された場合の条件にプラスし、無料電話サポート窓口がご利用になれます。

 

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

■更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典
・会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
・夜の時間の問合わせが可能(SBI証券コールセンター8:00-18:00終了後も、夜19:30まで営業)
・ネット証券が初めての方には、口座開設からサポート致します。(申込の注意事項、株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など)

 

 

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-資産運用・節税

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.