運用状況

かもちゃんのポートフォリオ公開 2020年10月

今日は10月の最終週の週末なので、10月30日時点のかもちゃんのポートフォリオを公開します。

 

10月の主な出来事

・島忠をDCMがTOBしたと思いきやニトリも参戦

・NTTドコモをNTTが完全子会社化

・米国市場が大統領選挙前に大幅に下落

 

11月上旬に米国大統領選挙があるのですが、まだまだ決着はつかないだろうとの報道もされているので波乱の予感です。

 

今月は、TOBと言うイベントがあったので対処方法も書いていますので、是非最後まで見てください!!

 

 

 

国内株式

 

評価額合計1,935,4600-

 

国内株式の保有銘柄でNTTドコモからNTTになりました!!

 

9月29日に、NTTがNTTドコモをTOBで完全子会社化する発表がありました。

 

ここでTOBとはなんぞや?となった方も多いはず!!

 

TOBとは、株式公開買付の事で、「買付け期間や買取り株数や価格」を公表して、不特定多数の株主から株式等を買い集めることです。

 

実際に今回、NTTはNTTドコモの株を11月16日まで3900円で買付すると発表しました。

 

ただ、初めてのTOBになったかもちゃんはパニックになりました。

 

 

 

TOBなったどうしたらええん?

 

 

とりあえず売ったらええん?

 

 

持っててええん?

 

 

 

色々調べましたが、TOBになった時の対処法は大きく3つです。

 

1、TOBの買付価格付近で売る

市場取引では、TOBの買付価格通りに売却できる事は難しいのでなるべく近い金額で高く売りましょう。

 

2、TOBに申し込まずに保有し続ける

完全子会社化される場合は親会社の株と「株式交換」される事があります。

 

しかし、それでも保有したいと思っても「二段階買収」という方法で企業が株式を強制的に取得する事も出来ます。

 

3、TOBに申し込む

TOBの買付価格通りに買取してもらえるのですが、指定の証券口座の開設や手続きが必要になります。

 

時間と手間がかかるのであまりオススメは出来ませんがビタ一文とも利益は逃したくない!!と言う方にオススメです。

 

 

基本的には、TOBが発表されたら市場でTOBの買付価格付近で売ってすぐに資金化するのがいいと思います。

 

投資信託

評価額合計520,052-

 

今月も新規銘柄購入はありません。

 

投資信託の積立はめちゃめちゃ地味で面白みがないですが、これからも地道に積立てていきます。

 

米国株式

評価額合計723,464-

 

米国株式は、「購入する翌月に権利落ち日がある銘柄で、価格が下がっている銘柄を買う」にしています。

 

理由は、配当金が貰えるまでの期間をなるべく短くする事で、配当金が増える実感を感じてモチベーションを上げる為です。

 

僕が考えるポートフォリオのバランスが整うまでは、当面この方針にしています。

 

 

先月からの変更点としては、含み損を抱えていたVISAを売却しました。

 

理由は、米国株は基本的に高配当ポートフォリオを目的として組んでいます。

 

その中で、VISAのパフォーマンスがこの新型コロナの状況の中で良くない事と配当金を計算した利回りが低い為ので、ハイテクセクターを見直しとして売却しました。

 

 

VISA

購入額 204.7ドル X 2株

売却額 181.9ドル X 2株

 

損失はー45.6ドル

 

 

もちろん、新型コロナから経済が立ち直る事を考ると長期的に見れば、株価を持ち直す可能性はあるとは思います。

 

しかし配当の効率を考えた上で、下記の銘柄を購入しリバランスをしました。

 

10月の購入銘柄はXOM 2株、T 5株、JNJ 3株です。

 

XOMの割合が増えますが原油価格の心配なのでクリーンエネルギー銘柄も必要か悩んでます。

 

各損益について

 

国内株式は、84,500のプラスになっていますが、先月と比べ大幅に評価益が減っています。

 

米国市場は、来月の大統領選挙を控え大波乱となっております。

 

欧州市場は新型コロナの影響がまだ続いている中でロックダウンを再び実施の影響で下落しています。

 

しかし、悪いニュースだけではありません!!

 

人生初のTOBのおかげでNTTドコモ(9437)を2960円で購入していたのですが3882円で売却しました。

 

 

その利益はなんと92,200円!!

 

 

NTTドコモの含み損が先月末時点で24500-が一気に消えました!!

 

利益の92,200は次の銘柄探しの資金と臨時収入としてありがたく使わせてもらいます!!

 

変わりの銘柄として、親会社になるNTTを購入。

 

理由としては、NTTドコモ同様に高配当通信銘柄になります。

 

 

個人的には、高配当のNTTドコモには半永久的に配当金をもらう予定でした。

 

そのNTTの代わりになる銘柄と言えばNTTしかないなと思い購入しました。

 

NTTは5Gだけでなく今後の6Gにも関わってきますし、NTTドコモを子会社化しても収益は安定していると思ったからです。

 

 

 

投資信託は、1,146のプラスになっています。

 

11月の米国大統領選挙が直前になってくるとNYダウも28,500だったのが26,500まで下落していますが、幸いまだプラスで運用出来ています。

 

長期保有目的の定期買付なので、ここは買付額が下がったと思って気長に運用していきます。

 

こういう下落局面で、ドルコスト平均法を利用した積立買付は威力を発揮してくれるとつくづく実感しました。

 

 

 

 

米国株式は、-17,579のマイナスになっています。

 

先月に比べ評価損が約5,000-大きくなってしまっておりますが、ここは焦る事なく、しっかり買い増しをしていきます。

 

11月の配当権利落ち銘柄は、JNJ、MMM、MSFT、UL、KOです。

 

既に10月の末時点でJNJを購入しているので11月の購入予定はありません。

 

最後に

今月は人生初の保有銘柄がTOBされるという貴重な経験をしました。いざ、自分の持っている銘柄となると嬉しい反面、どうしたらええんかさっぱり分からず戸惑ったのが正直なところです。

10月のTOBで話題なのはDCMが島忠をTOBした後に、ニトリが島忠をTOBする事を発表した事だと思います。まさかのDCMに売ったら、ニトリがDCMより高い価格でTOBしたので、まさか…と思った人は多いのではないでしょうか?ここは利益が出たと思い自分を納得させるしかないと思います。

先に起こる事は誰にも分かりませんからね…ただ、今回の事でホームセンター業界はまた大きく変わります。

ニトリは本当にホームセンター業界に参入するのか?それとも似鳥会長が社外取締役を務めるコーナン商事と何かするのか?DCMは島忠をあきらめて、既にほかのホームセンターに狙いを向けているのか?

まだまだきな臭いうわさ話は絶えそうにありませんが、くれぐれも投資は自己判断で行いましょう。

 

ネクシィーズ・トレードでは、【SBI証券の新規口座開設】を行っております。
投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をオススメします!!

ネクシィーズ・トレードからお申込の方のみ、SBI証券へ直接お申込された場合の条件にプラスし、無料電話サポート窓口がご利用になれます。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

■更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典
・会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
・夜の時間の問合わせが可能(SBI証券コールセンター8:00-18:00終了後も、夜19:30まで営業)
・ネット証券が初めての方には、口座開設からサポート致します。(申込の注意事項、株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など)

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-運用状況

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.