出産・育児

効率的な教育費の準備方法

前回の記事で、子供1人が幼稚園入園から大学卒業するまでの教育費は、全て公立の場合は1,050万円、全て私立の場合は2,650万円という事が分かりました。

 

今回はどうやって貯めていくのかを考えていきます。

 

結論、最も効率的な方法はNISA口座を活用した投資での運用ですがリスクも伴います。

 

しかし、学資保険は長期間の資金が拘束さらたり中途解約すれば元本割れのリスク割に利率が低いのが難点です。

 

なので、元本保証の学資保険をコアにして、投資での運用をサテライトで運用していく方が効率良く、安心して運用出来ます。

 

 

教育費の考察

今回、想定する教育費は1200万円です。

 

これは幼稚園入学から高校卒業まで公立、大学は私立文系の入学に必要とされている平均金額です。

世帯の収入状況

・毎年5000円の定期昇給

・ボーナスは手取り50万(年2回)

・児童手当は0歳から3歳未満は15,000円、3歳から小学校卒業まで10,000円、中学校3年間10,000円

・教育費はボーナス時に5万を捻出のみ

 

公立幼稚園の3年間で必要になる教育費の平均は65万円です。

 

0歳から小学校入学までの児童手当合計は90万円と6年間の定期昇給分で36万円とボーナスが12回の60万円なので、幼稚園卒業時は121万円が手元に残ります

 

 

公立小学校の6年間で必要になる教育費の平均は200万円です。

 

小学校6年間の児童手当合計は72万円と幼稚園卒業時の残り121万円と夫の6年間の定期昇給分36万円とボーナス12回の60万円なので、小学校卒業時には89万円が手元に残ります

 

 

公立中学校の3年間で必要な教育費の平均は150万円です。

 

中学校3年間の児童手当合計は36万と小学校卒業時の残り89万円と夫の定期昇給分の18万円とボーナス6回30万円なので、中学校卒業時には23万円が手元に残ります

 

 

公立高校の3年間で必要な教育費の平均は140万円です。

 

中学校卒業時の残り23万と夫の定期昇給分の18万円とボーナス6回30万ですが、高校3年間で69万の不足(月19000円の家計負担)になります。

 

この69万の不足は毎月19000円の家計負担や高校入学までの15年間で毎月5000円ずつ貯金等の選択肢が色々検討出来ると思います。

 

 

私立文系大学で必要な入学金を含んだ教育費は平均716万円です。

 

夫の定期昇給分18万円とボーナス8回40万ですが、大学卒業まで658万円の不足(月13.7万円の家計負担)になります。

 

 

 

問題はここです。

 

高校3年間の不足と合わせると約730万を準備しなければなりません。

 

卒業する1年前の21年間で準備するとなると毎月29,000円の教育費の捻出が必要になります。

  • マイホームの購入でのローン支払い
  • 生活家電の買い替え等の急な出費
  • 病気だけでなく老後に備えた貯蓄

これらを考えると決して楽な金額ではないと思います。

 

かもちゃんのお小遣いがちょうど30,000円なので、お小遣いが削減されるのではないかと少しぞっとしました。

 

しかし、この毎月29,000円を効率よく運用して準備していけば、資金の余剰分は子供へお祝い金や毎月の教育費の29,000円が25,000円になって家計の負担が減らす事も出来ると思います。

 

銀行預金で運用した場合

銀行で販売されている定額積立預金という商品があります。

 

これは積立期間を事前に決めて、毎月決まった日に毎月定額を積み立てる商品です。

 

通常の普通預金と比べて積立期間を長くすれば金利が良くなる場合があります。

 

元本が保証されていて中途解約も可能ですが、金利が低いのが難点です。

 

例えば、2020年6月20日現在、大手銀行の定額貯金を10年間契約した時の利率0.002%(税引前)になります。

 

18年間(216か月)を年1回の福利計算すると、積立合計7,344,000に対しての利子は

 

なんと1,059(税引後)

 

もうこれは元本保証のメリット以外は何もありませんね…。

 

但し、地方銀行や信用金庫、JA等でキャンペーンを行っている時があるので利用すべきです。

 

ある程度貯まったらネット銀行等で定期預金にする事もオススメします。

 

岡崎信用金庫では、定期的に「おかしんインターネット支店でキャンペーン定期預金」を行っています。

 

1年ものの定期預金ですが、今年は0.27%(税引前)の金利なので他のネット銀行よりも良い利率です。

 

学資保険で運用したの場合

各保険会社が販売している商品で学資保険があります。

 

これは保護者が保険契約者になって契約します。

 

子供が産まれたら、もしくは出産予定日の前から高校を卒業する18歳まで教育費を積み立てます。

 

保険料の払込が完了した後、決められた時期に入学祝い金や学資年金、満期保険金などを受け取る保険です。

 

メリットは、契約者の死亡時に保障をつけれる点や年末調整での控除が受けられる点があります。

 

また18年間の年払いで3%の利率とすると年0.16%の利率になるので、銀行預金より金利が良くなったり支払い回数や払込期間によってより高い利率になる事があります。

 

保険会社の運用が上手く行けば配当金が発生して予定していた金額を上回った金額になる事もあります。

 

しかし、貯蓄型の保険なので予定利率の低下を受けて返戻率が下がってきているので、18年間も資金拘束をされて積立する魅力は少なくなっています。

 

またデメリットとしては満期時や中途解約で元本割れの可能性があります。

 

生命保険で運用した場合

ここでは生命保険の中でも、低解約返戻金型終身保険と外貨建て終身保険を紹介します。

 

低解約返戻型終身保険

この商品は、保険料の払い込み期間終了後に解約返戻金が徐々に増えていく仕組みです。

 

一般的な保険より解約返戻金が低く設定されているので、毎月の保険料を抑える事が出来ます。

 

しかし、保険料の払い込み期間中に解約すると、解約返戻金が通常の約7割に減って大きく元本割れします。

 

また、教育資金が必要な時期までに払い込みを完了させた方が良いのですが、払込期間を短くすればするほど払込金額は34,000円より大きくなるので家計の負担にもなります。

 

また円建ての貯蓄型保険なので、それほど増えなくなっています。

 

外貨建て終身保険

この商品は、米ドルや豪ドルなどの外貨で運用される商品です。

 

予定利率が高いので保険料が安く抑えれるメリットがあります。

 

払い込みは円でも外貨でもいいのですが、払込をして運用する時と受取時にも為替手数料が取られます

 

仮に、毎月払いで契約すると毎月手数料が必要になるので明らかに元本割れします。

 

また元本保証があるのですが、「あくまで外貨建てベースです。

 

契約時より、満期時の方が円高になっていると運用利回りを乗せても戻ってくる金額は元本割れする可能性があります。

 

NISAを活用した投資で運用した場合

ここでは以前に紹介した、つみたてNISAとジュニアNISAの制度を使った運用を紹介します。

 

つみたてNISA

この制度は年間40万円まで、最長20年間非課税で運用が出来ます。

 

つみたてNISAで投資信託を積み立てれば、利益にかかる約20%の税金が非課税になるメリットがあります。

 

月34,000円の教育費の積立もぴったりだと思います。

 

 

しかしNISA口座は一人一口座しか持てないのがデメリットです。

 

夫婦でNISAを使って資産運用される場合は、どちらかの口座を教育資金用で使わないといけません。

 

子供が2人を予定している場合は、夫婦共にNISA口座を教育資金用になるので、家族としてのNISA口座での投資運用が出来なくなります。

 

また未成年のつみたてNISA口座の開設が出来ません。

 

ジュニアNISA

この制度は親や祖父母などの親権者が子供の代理で運用します。

 

令和2年度の税制改正大綱で、ジュニアNISAが利用できるのは2023年末に廃止となりました。

 

しかし、そこから5年間は非課税で運用することができて、18歳までに引き続き非課税で運用されます。

 

また、従来は18歳まで中途解約ができなかったのですが、2024年以降は非課税で引き出せるようになりました。

 

非課税期間5年と限られていますが、子供名義で口座開設が出来るので、夫婦のNISA口座はそのまま使いながら子供の教育資金を投資で運用する事が出来るのがメリットです。

 

 

オススメの投資信託

つみたてNISAやジュニアNISAはあくまでも制度なので、どの商品で運用するかを選ばないといけません。

 

かもちゃんがオススメする投資信託の商品は、SBIバンガード・S&P500、楽天VTI、eMAXIS Slim S&P500です。

 

S&P500の1年間の期待利回りは7~9%(あくまで20年前後の長期投資した結果)と言われています。

 

学資保険で18年間を年払いで3%と比べると利率が倍以上になるだけではなく、年払いの為に待機している資金も毎月の積立投資で無駄なく運用出来ます。

 

毎月34,000を期待利回り通り7%で運用出来たとすると18年間の積立金額は7,344,000円に対して14,644,515円になります。

 

 

運用益はなんと7,300,515円(税引前)

 

 

こんなに運用益をもたらしてくれます。

 

しかし、将来を約束した利回りでなく、過去のデータからはじき出された数字なので忘れてはならないのがあくまで期待利回りという事です。

 

もちろん投資ですので元本割れを起こす可能性もあります。

 

最後に

今回の記事で、貯金0から子供の教育資金を貯金、保険、投資の3パターンで準備する事を前提に考えましたが、まとまった金額が既にある場合はキャンペーン定期や、保険商品での一括払込で高い利率になるか確認してもいいと思います。もちろんNISAの制度を利用した上で、まとまった金額を投資して運用する方法もいいと思います。

ちなみに我が家では、嫁さんと話し合った結果、メインを学資保険、サブとしてジュニアNISAで積み立てていくことにしました。

嫁さんからすると、投資で教育費を運用するのはかなり不安があったようで、「難しいことは分からんけど、親族や友人が学資保険をしている」という事でメインは学資保険になりました。

教育費は投資で運用する方が効率的で良いとだと思っていましたが、メインとなる部分は元本割れのリスク極力減らして、わずかでもリターンをもらう形で手堅く運用することも大切なのではないかと思いました。

ちなみに我が家の学資保険ですが、子供が産まれる前に某大手生命保険会社契約しました。

内容は18歳までの年払いで159,920円で、大学入学時に100万円、そこから毎年50万円ずつ、合計300万円受け取れる予定で利率は約104%です。

数字だけでは決して良いとは言えないかもしれませんが、皆さんが学資保険を入る際の参考になればと思います。

ジュニアNISAは6月から楽天証券でスタートして、まずは毎月5000円を楽天VTIに投資してますが、毎月5000円では足りないので、この先掛け金の増加を計画しています。

楽天証券を選んだ理由は、「我が子を早い内から楽天経済圏に身を置くことで、大きくなった時に最大限に楽天経済圏の恩恵を受けて欲しい」と思ったからです。

これから準備される方は、しっかりパートナーと話し合ってお互いがリスクを正しく認知して準備する事が大切だと思います。

僕も含めてもう準備されている方は、運用している教育費を定期的に見直す事も大切だなと思いました。

 

 

投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をオススメします!!

ネクシィーズ・トレードからお申込の方のみ、SBI証券へ直接お申込された場合の条件にプラスし、無料電話サポート窓口がご利用になれます。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

■更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典
・会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
・夜の時間の問合わせが可能(SBI証券コールセンター8:00-18:00終了後も、夜19:30まで営業)
・ネット証券が初めての方には、口座開設からサポート致します。(申込の注意事項、株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など)

 

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-出産・育児

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.