出産・育児

子供が大学卒業までの学費について

今年の12月から保育園に行く予定ですが、皆さんは保育園代がどのくらい必要が知っていますか?

 

保育園代は、0歳から3歳までは世帯の市民税額によって決まります。

 

そんな疑問から始まりこれからの学費がどのくらいかかって、どう準備していいのか気になってたので大学卒業までにかかる費用を調べてみました。

 

幼稚園入学から大学卒業までで1050万円から2650万円が必要になってくるのですが、なぜこんなに大きな差があるのでしょうか?

 

その調べた内容と結果をまとめたので、かもちゃんと同じ子育て中の方やこれからの方も一緒に見ていきましょう!!

 

 

大学卒業までかかる学費

文部科学省が2018年に行った「子供の学習費調査」と日本政策金融公庫が2020年度に行った「教育費負担の実態調査」という資料を元に見ていきます。

 

結果から言うとあくまでも平均値ですが下記の様なお金がかかります。

 

全て幼稚園から大学卒業まで公立で通うと約1,050万円

 

幼稚園から高校卒業まで公立で大学のみ私立文系だと約1,200万円

 

幼稚園から小学校卒業まで公立、中学校から大学まで私立(大学は私立文系)だと約1,690万円

 

幼稚園から大学卒業まで私立(大学は私立理系)だと約2,650万円

 

かもちゃんが学生の期間だった時は高校無償化では無かったので、もう少しかかっていると思います。

 

しかし、習い事を含めた金額なのであながち大きく外れている事はないと思います。

 

それでは各ステージ事の必要な教育費を見ていきましょう。

 

幼稚園で必要な教育費

公立私立
教育費¥120,738¥331,378
給食費¥19,014¥30,880
学校外活動費¥83,895¥165,658
年間学習費総額¥223,647¥527,916
3年間合計¥649,088¥1,584,777

出典:文部科学省 文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

公立幼稚園と私立幼稚園では3年間で見ると約2.5倍の費用がかかっています。

 

大きく差が出るのは教育費(授業料、納付金、学用品の購入費等)で、私立幼稚園は公立幼稚園と比べて約3倍かかっている事が分かります。

 

公立幼稚園は基本的に保護者が送り迎えですが、私立幼稚園はバスでの通園が基本だったり、給食費で見ると公立幼稚園はお弁当が基本ですが、私立幼稚園は給食が基本になる様です。

 

ここの差は、やっぱり私立幼稚園ならではの方針によって大きく変わってきます。

 

小学校で必要な教育費

公立私立
教育費¥63,102¥904,164
給食費¥43,728¥47,638
学校外活動費¥214,451¥646,889
年間学習費総額¥321,281¥1,598,691
6年間合計¥1,926,809¥9,592,145

出典:文部科学省 文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

 

公立小学校と私立小学校の6年間にかかった学習費は約5倍の費用になります。

 

大きく差が出ているのは教育費ですが、なぜこんなに差が出るかと言うと主に私立は公立に比べて入学金や授業料、制服、教材費などです。

 

この費用だけで私立小学校は公立小学校の約15倍

 

また教育費だけでなく学習塾や習い事など学校外でかかる就学旅行や遠足、社会見学を含めた学校外活動費用の合計は約3になっています。

 

 

仮に公立の小学校に通ったとしても、幼稚園の時にかかった学習費より全体的な金額もアップするので、家計にも影響が出ることが分かります。

 

しかし、大学付属小学校等に入学するとエスカレーター式に大学まで進学が出来るので進学出来たり、将来の大学進学や進路に対して早い段階から準備出来るのが私立小学校の最大メリットになります。

 

中学校で必要な教育費

公立私立
教育費¥138,961¥1,071,438
給食費¥42,945¥3,731
学校外活動費¥306,491¥331,264
年間学習費総額¥488,397¥1,406,433
3年間合計¥1,462,113¥4,217,172

出典:文部科学省 文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

 

公立中学校と私立中学校の3年間にかかった学習費は、約2.8倍の費用になります。

 

給食費だけで見ると公立中学校の方が多いのですが、これは私立中学校の多く給食がないので給食費が安くなっています。

 

この頃から子供の体は大きくなり育ち盛りになるので、給食がない分の食費が追加で必要になってくると思うので、実際は公立中学校より多くかかると考えた方がいいです。

 

学習塾や習い事などの学校外活動費は公立も私立も約30万なので大きく差が出ているという事はありませんでした。

 

しかし私立中学校の場合は、学習塾に行かなくても学校授業でしっかり学べている場合もあります。

 

公立中学校で学習塾に通う場合と、私立中学校で学習塾に通わない場合を比べると同じくらいかもしかしたら私立中学校の方が安くなるかもしれません。

 

高校で必要な教育費

公立私立
教育費¥280,487¥719,051
給食費
学校外活動費¥176,893¥250,860
年間学習費総額¥457,380¥969,911
3年間合計¥1,372,072¥2,904,230

出典:文部科学省 文部科学省「子供の学習費調査」(平成30年度)

 

公立高校と私立高校の3年間にかかった学習費は約2倍の費用になります。

 

高校から給食がなくなるところが多いので給食費の表示はしてないのですが、実際の家計には大きく食費の増加がする事が分かります。

 

中学校の時と同じように、学習塾や習い事などの学校外活動費は公立も私立も大きく差が出る事はありませんでした。

 

しかし、年間学習費に大きな差が出ている理由は、私立高校の授業料や学校への納付金や高校へ通うための交通費が大きな割合を占めるようになるからです。

 

大学で必要な教育費

国公立私立文系私立理系
入学費¥714,000¥866,000¥845,000
年間在学費¥1,070,000¥1,576,000¥1,843,000
4年間在学費¥4,280,000¥6,304,000¥7,372,000
在学期間合計¥4,994,000¥7,170,000¥8,217,000

出典:日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査」(2020年度)

 

大学で必要費用は、国公立か私立か、またどの学部に進学するのかによって変わります。

 

国公立よりも私立、私立文系より私立理系の方がより多くの教育費が必要なのが分かります。

 

国公立では、基本的に文系、理系の学費を同じにしている事が多いようです。

 

また忘れてはいけないのが、子供が下宿をした時に際の仕送り代は、年間平均102万(月8.5万)となっています。

 

 

かもちゃんは大阪の私立文系大学へ進学しました。

 

他の大学に比べて少し高い方でしたが入学費用は約15万、一年間の授業料は約120万かかりました。

 

 

かもちゃん
意外と平均以下やったんやな

 

と一瞬思いましたが、実際は滑り止めに受けて合格した大学の入学金(返却無し)や受験代があったので、実際にかかったのは平均くらいでした。

 

かもちゃんの教育費はこんなにかかった?

かもちゃんは、公立幼稚園→公立小学校→公立中学校→公立高校→私立文系大学だったので、上記の表通りにいくと、約1260万必要になります。

 

むしろ高校無償化では無かったのと、習い事を小さい頃から色々していたのでさらにお金がかかったと思います。

 

 

かもちゃん
とりとめもない金額や…子供二人欲しいけど、約3500万!?無理無理無理!!

 

 

今住んでいる市では、ありがたいことに児童手当が下記の金額で支給されます。

 

  • 0歳から3歳未満は15,000円
  • 3歳から小学校まで10,000円
  • 中学校3年間10,000円

 

中学校卒業まで198万!!にしても全く足らん!!

 

単純計算で残り1000万が必要になります。

 

 

児童手当を含めて教育費を支払うと

 

公立幼稚園の3年間で約11万のマイナス(毎月3,000円の家計負担)

公立小学校の6年間で約130万のマイナス(毎月18,000円の家計負担)

公立中学校の3年間で約120万のマイナス(毎月34,000円の家計負担)

公立高校の3年間で毎月40,000円の家計負担

私立文系大学の4年間で毎月150,000万円の家計負担になります。

 

これに対して備えるとなると、赤ちゃんが生まれてから大学卒業するまでに毎月最低でも38,000円のペースで貯蓄する必要があります。

 

 

初めての子育てで大変やのに将来のお金の事なんて全く考えられません。

 

まして、「めんどくさいから毎月貯金したらええんやろ?」、「とりあえず学資保険入ってたら問題ないんちゃうん?」となる方が多いと思います。

 

うちの子供はまだ6か月ですがお金の事まで頭回らん!って気持ちはめっちゃ分かります。

 

次回の記事で、どんな商品があるのか?またその特徴等を書いて行きます。

 

最後に

高校進学の時に、私立高校に行きたいと親父に相談したら一言「あかん」と親父に言われたかもちゃんですが、大人になってその気持ちがめっちゃ分かりました。

学費を見ただけで、塾行かせたるからマジでオール公立で頼む!!と思いながら、夫婦で話し合った結果、「我が子が本当にやりたい事や学びたい事があるのにお金を理由に諦めるという事だけは避けたい」と言う事で今回の内容を調べて、これからの学費について話合ういいきっかけになりました。

もちろんその家庭によっては、親の支援を受けれたり、事前にしっかり貯蓄をされている方もいると思います。

ただ、かもちゃんは授かり婚なので事前に貯蓄もない、親の支援も受けれるか分からない中、一から子供の教育資金の形成に入りました。

僕と同じで生まれたばかりで、これからという方は一緒に資産形成をしていけたらなと思います。

 

ネクシィーズ・トレードでは、【SBI証券の新規口座開設】を行っております。
投資を始めたいと思っている方は、是非、SBI証券の口座開設(無料)をオススメします!!

ネクシィーズ・トレードからお申込の方のみ、SBI証券へ直接お申込された場合の条件にプラスし、無料電話サポート窓口がご利用になれます。

■SBI証券の良い点
・手数料が格安
・投資情報が豊富
・取引の画面が使いやすい
・口座開設が無料

■更に!ネクシィーズ・トレードでお申込頂いた方にだけプラスで付く特典
・会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
・夜の時間の問合わせが可能(SBI証券コールセンター8:00-18:00終了後も、夜19:30まで営業)
・ネット証券が初めての方には、口座開設からサポート致します。(申込の注意事項、株の始め方、WEB画面の注文操作、取引ツールの上手な使い方など)

あなたのクリックが励みです!
にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ

-出産・育児

Copyright© 不動産株・建設株を分析するブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.